総量規制対象外

 

総量規制対象外のオススメ銀行カードローン一覧

三菱東京UFJ銀行カードローン【バンクイック】

 

日本が代表するメガバンク三菱東京UFJ銀行が提供しているカードローンの【バンクイック】は即日融資も可能なスピーディーに借りれる銀行カードローンです。インターネットから申込〜借入〜返済まですべての手続きが行えるので、わざわざ店舗へ出向く必要もありません。三菱東京UFJ銀行カードローンは急ぎだけど低金利で借りたいといった方にオススメ出来る便利な銀行カードローンです。
主婦や学生の方・パート、アルバイトといった方でも問題無く申込が出来るカードローンですので、申込に不安がある方でも安心して利用出来る当サイトイチオシのオススメ銀行カードローンとなっています。

>>三菱東京UFJ銀行カードローンの詳細はコチラ

楽天銀行スーパーローン

 

楽天銀行スーパーローンは限度額300万円までなら収入証明書の提出が不要なので書類の数を減らして申込・契約の手続きの手間を少なくする事が出来ます。また、申込をするだけで楽天ポイントが1000ポイントプレゼントされ、限度額に応じてプラスしてポイントもプレゼントされるので楽天ショッピングを頻繁に利用される方にとってはとっても嬉しいサービスとなっていますね。
もちろんカードローンの内容も充実しており、低金利で利用可能でインターネット上で完結する事が出来るので、とにかく手間無く借入する事が出来るのが魅力的ですね。

 

>>楽天銀行スーパーローンの詳細はコチラ

イオン銀行カードローンBIG

 

イオン銀行カードローンは主婦層から強い支持を得ているカードローンです。イオンモールやイオン系列店のスーパー等にはイオンATMが設置してあるので、夕飯の買い物ついでにイオン銀行ATMを使って借入・返済を行えたり出来るので便利ですね。金利や限度額も他の銀行カードローンと比べても有利な設定となっており、その点も人気のポイントとなっています。
ただ、申込から利用までに時間がかかってしまうため、急ぎでお金を借りたいといった方には不向きなカードローンとなっています。

>>イオン銀行カードローンBIGの詳細はコチラ

まずは総量規制について確認しておこう!

総量規制対象外のカードローンの利用を検討する前に、まずは総量規制について詳しく知っておく必要があります。

 

総量規制とは?

 

総量規制とは、改正賃金業法で定められた制度で、ローンの限度額を年収の3分の1までに制限するものです。従来は、ローンの限度額は利用者の実績等に基づいて業者が勝手に決める事が出来ました。
その為、利用実績があれば、年収に関係なく限度額は高く設定してもらう事が出来ました。しかし、近年は多重債務者が増加、社会問題となりました。この様な社会問題を防ぐために、2010年に借入限度額を年収の3分の1以内と定める総量規制が制定されました。

 

総量規制の一例

 

年収360万円の男性は賃金業者Aから年収3分の1の120万円を借り入れしている場合、賃金業者Bからお金を借りようとしても、年収3分の1の120万円をA社から借入しているので、総量規制に掛かりB社から借入する事は不可能となります。

 

年収3分の1の120万円までは借入が可能なので、右の図の様に、A・B社から借りる場合は60万円づつ借入可能となります。

 

尚、実際に他社からの借入がゼロであっても、カードを所有していて、その限度額が100万円である場合、賃金業者から100万円の融資を受けてるとみなし、限度額を決定します。
また、賃金業者から50万円以上を借り入れる場合、または、他者からの借入を含めて合計100万円以上の借入がある場合は所得を証明する書類を提出しなければなりません。

 

総量規制の対象になるのは、消費者金融や信販会社からの借入、およびクレジットカードのキャッシングです。
但し、クレジットカードのショッピング枠と銀行のカードローンは総量規制の対象外になります。

 

総量規制と同時に専業主婦の借入にも制限がかかりました

 

専業主婦が借り入れをする場合、配偶者の同意が必要であると同時に、配偶者の所得証明書も提出しなければならなくなりました。
しかし、配偶者の在籍確認などにはかなりの労力がかかるという理由で、専業主婦への融資は行わないとする業者が多くなっているのが現状です・・・。

 

貸金業者では、融資の申し込みを受けると、個人信用情報機関に照会し、他社からの借入状況をチェックします。
嘘の情報を記入してもすぐにバレます。嘘の情報を記入すると借入が出来なくなる可能性があるので絶対にやめましょう!

総量規制対象外のおススメ銀行ローンを比較

管理人がおススメする総量規制対象外の銀行カードローンを比較しました

 

総量規制対象外カードローン

実質年利

最大融資額

提携ATM

利用手数料

入会金

年会費

審査時間

三菱東京UFJ銀行カードローン

1.8%〜14.6%

500万円

無料

無料

最短30分

じぶん銀行カードローン

2.4%〜17.5%

800万円

無料

無料

最短30分

イオン銀行カードローン

3.8%〜13.8%

800万円

無料

無料

1週間〜

新生銀行 レイク

4.5%〜18.0%

500万円

無料

無料

最短30分

楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5%

500万円

※105円〜210円

無料

-

※提携先によって無料の提携先と有料の提携先があります。
有料の提携先の場合、一万円以下の借入で105円 一万円超えの借入で210円の手数料が発生します。

総量規制対象外の銀行カードローンとは?

総量規制とは、消費者金融、信販会社、クレジットカードのキャッシング枠の合計の利用限度額が年収の3分の1以内に制限をかけられることです。

 

すでに年収の3分の1以上を借り入れている方は新たな借り入れができません。
また、専業主婦の場合、配偶者の同意書、婚姻を証明する書類、配偶者の所得証明書を提出しなければ、お金を借り入れることができません。

 

しかし、銀行のカードローンは総量規制の対象外となっています。
銀行のカードローンであれば、年収の3分の1以上の借入も可能です。
また、銀行であれば、安全・安心してお金を借りられるうえに、低金利で限度額も高めに設定されるという特徴もあります。

 

ただし、銀行のカードローンは審査が厳しく、本当にお金が必要な人は借りられないと言われています。

 

銀行のカードローンの審査に通過するためにはいくつかのポイントがあります。
まずは、カードローンを作りたい銀行に定期預金の口座があること、銀行の口座を給与振込口座として指定していること、または、公共料金や家賃の引落口座として利用していると有利であるとのことです。

 

それから、職業についてですが、公務員や一般企業の正社員は審査に通りやすいです。
会社員でも勤続年数が短かったり、派遣社員の場合は、不利になってしまう可能性がありますが、安定した収入があることを証明できれば、審査に通過する確率は高くなるでしょう。
お金を借りたいぐらいであれば、定期預金は難しいと思いますが、公共料金の引き落とし口座を、カードローンを申込む銀行の口座に変更しておくと多少は有利になるでしょう。

 

それから、審査に有利な条件として、持ち家に住んでいることや、固定電話と携帯電話の両方を持っていることなども挙げられます。

 

それから、銀行でも申込者の個人情報を信用情報機関に照会しています。
そのため、過去に消費者金融やクレジットカードなどで支払い遅延などの事故情報が登録されていた場合、銀行からの借入はかなり難しくなります。

銀行カードローンはおまとめにも最適!

もし現在複数社からお金を借入していて返済に手間がかかってしまったり、金利が高くて返済負担が大きくて悩んでいたりしていませんか?そんなお悩みを解決出来るのがおまとめローンという商品です。

 

各金融業者や銀行にはおまとめローン専用の商品が用意されており、他社からの借入を一つにまとめる為の商品となっています。一つにまとめる事で様々なメリットがは発生します。

 

メリット1:複数社から借入していた場合、返済日がバラバラだったり返済日が来る度にATMにいって返済手続きをしなければならないので精神的にも苦痛になってきますが、おまとめローンを利用する事で複数あった返済日や返済の手間が一つだけになりますので返済計画も立てやすくなり、精神的にも楽になります。

 

メリット2:複数社から借りている場合は借入先によって金利がバラバラで返済の計画もたてにくいですし、場所によっては金利の高さから返済の負担が大きくなっている可能性もあります。しかしおまとめローンで一つにまとめる事によって金利を一つに出来て返済計画もたてやすく、場合によっては返済総額を減らす事が出来る可能性もあります。

 

このようにおまとめローンはメリットが多いのです。

 

しかし、金利が高い借入先を選択してしまうと、複数社から借入していた時よりも返済額を増えてしまう可能性がありますので、おまとめローンを選択する時は現在借入している所の金利としっかりと比較して申込みをする必要があります。

 

おまとめローンは高齢者でも審査に通るのか?

おまとめローンの前にキャッシングやカードローンやクレジットカードの年齢制限を見てみますと、まず、クレジットカードは年齢制限の上限はありません。

 

ずっとショッピングでクレジットカードを使っていた人が、65歳に成ったからクレジットカードが使えなくなりますというのは現実的ではありません。

 

しかも、現在の日本で最もお金を持っているのは65歳以上の高齢者で、個人金融資産約1,400兆円の60%以上は高齢者が保有しています。

 

従って、クレジットカードのキャッシングにも年齢制限は無いことになります。

 

一方、銀行の一般的なカードローンや信販・クレジット会社や消費者金融会社のキャッシングは、通常60歳〜65歳の年齢制限を設けています。

 

クレジットカードとは違って、65歳以上でキャッシングや即日カードローンを組む人はお金に困っている人です。

 

また、65歳以上で定職に就いている人も少なくなります。

 

従って、仮に65歳以上の高齢者がおまとめローンを申込むとすれば、審査は非常に厳しいことが容易に想像されます。

 

65歳以上の高齢者は年金を貰う年齢です。

 

この時期に至ってもおまとめローンを考えなくてはならない人は高い金利のローンを選ぶよりも、一旦、自己破産してから年金と生活保護で暮らすことを選択した方が現実的の様な気がします。